― お知らせ・活動予定 ―

      ▲ページ先頭に戻る

      猪風来の縄文墨彩画展「大地の図・春雷の図」開催

       2024年7月17日(水)~10月27日(日)
      「大地の図・春雷の図」
      【「大地の図・春雷の図」チラシ】 →PDF版を開く

      ●会期:2024年7月17日(水)~10月27日(日)

          休館日 月曜日(祝日の場合は開館し翌日休館)


       空高く盛り上がる山々、大地のお腹は春の季節を孕んでいまにもはじけそうだ。

       彼女のあたたかな体温と生命の鼓動。大地(生命)は悠久の時を変幻自在に流れゆく。

       谷間から立ち昇る精霊はたくさんの生きものの息と合わさって白い霧の竜になった。

       山々の源流からほとばし出る水は川になりやがて海にいたり、波となって打ち寄せる。

       土は灼熱の時期や氷河期をへてやがて女たちの手で掘られ

       美しい文様に彩られた土器になった。

       母なる大地はたくさんの生命を産み出し抱き、

       生きとし生けるものたちに恵みを授け生死再生の循環をくり返す。


       北海道で縄文暮らしを始めた猪風来が、縄文土器・土偶に表現された造形美の探求、縄文の心を体得しながら1993年から1996年に描いた墨彩画連作の企画展です。

       雪を割って大地から湧き立ちほとばしる春の息吹と春を告げる春雷は、大地の生命力と鮮烈な季節の変化を実感させるものでした。「春雷の図」は未公開の作品で稲妻を山野に放ち生命の目覚めを促す精霊女神として描かれています。

       「春雷の図」は未公開の作品で稲妻を山野に放ち生命の目覚めを促す精霊女神として描かれています。「大地の図」は大地の女神が大自然のすべての生命を孕む初々しく美しい姿で立ち現れます。この豊穣で力強く優しいパワーが縄文の造形文様の根源なのです。

       大地・大自然と森羅万象の姿を独自の縄文視座と美意識から描き出した墨彩画作品約20点と縄文土偶「春の女神」「祈り・ペウタウンケ」などを展示。

       どうぞご高覧ください。



      ▲ページ先頭に戻る

      「映画『縄文にハマる人々』ロードショウ

      【期 間】2018年7月7日(土)~
      映画『縄文にハマる人々』
      【映画『縄文にハマる人々』チラシ】

       映画『縄文にハマる人々』、2018年7月7日(土)より渋谷イメージフォーラムほかにて全国ロードショー!!


       撮影には猪風来美術館も協力。

       縄文野焼きの実演をはじめ、猪風来や村上原野が出演しています。


      =∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=


        《公式サイトより》


       人類史に残された最強のミステリー。

       1万年以上続いた「縄文」という謎。


       この映画は縄文にハマっている人をはじめ、考古学や民俗学の専門家、さらには文化人やアーティスト、そして
      縄文に情熱の全てを傾ける人々への取材を経て、その秘密の核心へと迫ってゆく。


       縄文時代が終焉を迎えて約2500年。

       この時間の流れの中で日本人は一体何を失い、忘れてしまったのか。

       その秘密は21世紀の私たちの根幹を揺さぶり、見慣れた風景を一変させてしまうような、未来へと繋がる
      新たな世界への扉を開く。


      =∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=


      ■ 製作 有限会社リタピクチャル

        お問合せ:mail@jomon-hamaru.com


      ■ → 映画『縄文にハマる人々』公式サイト




      ▲ページ先頭に戻る

      鎮魂と復興を祈念して「縄文いのりの土偶」をつくろう

      ―東日本大震災への祈り―
      縄文いのりの土偶

       このたびの東日本大震災による被災に対しまして、心からのお見舞いと哀悼の意を表します。


       被害地の惨状と深い悲しみの中で、再起を期して心を奮い立たせている被災者の皆様への応援の気持ちをこめて

      「縄文いのりの土偶」をつくりませんか?


       古来より縄文の土偶は、豊饒を願い災難をはらい、鎮魂と再生を祈願してつくられたものです。


       猪風来美術館では開館以来、「にぎり地蔵」として願い思いをこめた小さな土偶を、陶芸体験の皆さんに

      つくっていただいてきました。

       野焼きしたお地蔵さまは、一部美術館と済渡寺をつなぐ参道の祠におかれ、「野辺の地蔵さまロード」として

      みんなの思いをつなぐスポットになっています。


       2010年4月16日に開催された「春の縄文野焼き祭り」の縄文体験コーナー「にぎり地蔵をつくろう」では

      『震災地への思いや気持ちをこめて「縄文いのりの土偶」をつくり、被災された方々へ思いをつなげよう』

      との趣旨で呼びかけをさせていただきました。


       その際、みなさまに多くのご理解とご賛同をいただきました。

       復興はおそらく、これから長くかかることでしょう。

       そのため「縄文いのりの土偶」づくりの活動もまた、継続していきたいと思っております。


       どうぞ御協力よろしくお願いいたします。


      ※ 参加費300円は全額、復興義援金として寄付させていただきます。

      ※ 制作された「縄文いのりの土偶」のご寄付をお願いします。

      ※ 後日縄文野焼きされた「縄文いのりの土偶」の安置場所は検討させていただきます。



      ▲ページ先頭に戻る