― お知らせ・活動予定 ―

▲ページ先頭に戻る


「焼物に映し出された 美意識の 時代的変遷」縄文アート親子3人展

 備前市立備前焼ミュージアム 令和3年度 企画展
 2021年10月2日(土)~
「焼物に映し出された 美意識の 時代的変遷」表
「焼物に映し出された 美意識の 時代的変遷」裏
【「焼物に映し出された 美意識の 時代的変遷」縄文アート親子3人展 チラシ】 →PDF版を開く

猪風来・村上原野・むらかみよしこの縄文アート作品を2階の会場に特設展示!

縄文の美を新たな表現で現代に蘇らせた親子3人の生命と魂の縄文芸術です。


会  期 2021年10月2日(土)~11月28日(日)

会  場 備前市立備前焼ミュージアム1F・2F展示室

開館時間 9:00~17:00(最終入館16:30)

休 館 日 月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日休館)

入 館 料 大人500円 高校生300円 中学生以下無料

主  催 備前市立備前焼ミュージアム ←クリックするとミュージアムのホームページへ


 世界最古級の縄文式土器をもつ日本列島において、以後時代が変わる度に今日まで色々な焼物を生み出してきました。そして新しい時代の転換期を迎える毎に美意識の変化たるものをいち早く焼物が受けとめてきました。その古代から近世までの焼物のめくるめく歴史をたどる展覧会。

 そして焼物の原点ともいえる縄文。「焼物の全ての始まりは縄文式土器であり、そして今世界的にも縄文ブームが起きている。縄文を優しさの最先端に感じられる理由についても考えてみたい。『縄文スパイラル』として世に問い続けている猪風来ファミリー作品を見た現代人が、今それが新鮮に感じられ、魅了されるのは、迷っている時代のせいであろうか。(備前焼ミュージアム館長 臼井洋輔)」


【関連企画】

 ●講演会 参加無料

  ・「縄文造形のスパイラルを岡山から!」 講師:猪風来

  ・「焼物に映し出された美意識の時代的変遷」 講師:臼井洋輔

  日  時 10月23日(土)13:00~15:00(開場12:30)

  会  場 備前焼伝統産業会館3F総合研修室

  定  員 30名(事前申し込み制、先着順)

  申込期間 10月2日(土)~10月19日(火)

  申込方法 Tel 0869-64-1400 Fax 0869-63-8300へ


 ●ギャラリートーク 参加無料(観覧料は必要)

  講  師 臼井洋輔(備前焼ミュージアム館長)

  日  時 10月9日(土)・10月20日(水)・10月27日(水)13:00~14:00

  事前申し込み不要




▲ページ先頭に戻る

「映画『縄文にハマる人々』ロードショウ

【期 間】2018年7月7日(土)~
映画『縄文にハマる人々』
【映画『縄文にハマる人々』チラシ】

 映画『縄文にハマる人々』、2018年7月7日(土)より渋谷イメージフォーラムほかにて全国ロードショー!!


 撮影には猪風来美術館も協力。

 縄文野焼きの実演をはじめ、猪風来や村上原野が出演しています。


=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=


  《公式サイトより》


 人類史に残された最強のミステリー。

 1万年以上続いた「縄文」という謎。


 この映画は縄文にハマっている人をはじめ、考古学や民俗学の専門家、さらには文化人やアーティスト、そして
縄文に情熱の全てを傾ける人々への取材を経て、その秘密の核心へと迫ってゆく。


 縄文時代が終焉を迎えて約2500年。

 この時間の流れの中で日本人は一体何を失い、忘れてしまったのか。

 その秘密は21世紀の私たちの根幹を揺さぶり、見慣れた風景を一変させてしまうような、未来へと繋がる
新たな世界への扉を開く。


=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=


■ 製作 有限会社リタピクチャル

  お問合せ:mail@jomon-hamaru.com


■ → 映画『縄文にハマる人々』公式サイト




▲ページ先頭に戻る

鎮魂と復興を祈念して「縄文いのりの土偶」をつくろう

―東日本大震災への祈り―
縄文いのりの土偶

 このたびの東日本大震災による被災に対しまして、心からのお見舞いと哀悼の意を表します。


 被害地の惨状と深い悲しみの中で、再起を期して心を奮い立たせている被災者の皆様への応援の気持ちをこめて

「縄文いのりの土偶」をつくりませんか?


 古来より縄文の土偶は、豊饒を願い災難をはらい、鎮魂と再生を祈願してつくられたものです。


 猪風来美術館では開館以来、「にぎり地蔵」として願い思いをこめた小さな土偶を、陶芸体験の皆さんに

つくっていただいてきました。

 野焼きしたお地蔵さまは、一部美術館と済渡寺をつなぐ参道の祠におかれ、「野辺の地蔵さまロード」として

みんなの思いをつなぐスポットになっています。


 2010年4月16日に開催された「春の縄文野焼き祭り」の縄文体験コーナー「にぎり地蔵をつくろう」では

『震災地への思いや気持ちをこめて「縄文いのりの土偶」をつくり、被災された方々へ思いをつなげよう』

との趣旨で呼びかけをさせていただきました。


 その際、みなさまに多くのご理解とご賛同をいただきました。

 復興はおそらく、これから長くかかることでしょう。

 そのため「縄文いのりの土偶」づくりの活動もまた、継続していきたいと思っております。


 どうぞ御協力よろしくお願いいたします。


※ 参加費300円は全額、復興義援金として寄付させていただきます。

※ 制作された「縄文いのりの土偶」のご寄付をお願いします。

※ 後日縄文野焼きされた「縄文いのりの土偶」の安置場所は検討させていただきます。



▲ページ先頭に戻る